未分類

最高裁判決(路線価認めず)2022.4.19

利便性のよい商業地の路線価(相続財産を評価するうえで不動産の評価基準)は、市場価格と乖離(かいり)が住宅地よりも大きく、相続税対策の効果が高く(路線価の方が明らかに低い)、属にいうタワマン(駅近の高層マンション)などは節税目的で購入する方もある一定数いらっしゃいます。そのような節税目的で購入された方にとって耳の痛い最高裁の判決であろうと思います。税の三原則(公平・中立・簡素)の立場でいえば、国家の利益を守る適正な判決であったかと考えます。投稿者 小西元治

関連記事

  1. まさに未来の遊園地
  2. いよいよ今年も残り1か月
  3. 還暦同窓会
  4. 今年のふるさと納税w
  5. 奉仕活動参加
  6. 秋の夜長のひと時のくつろぎ!
  7. 終戦記念日
  8. お金をかけずに空室を減らす為にすぐにできる事。空室対策【その3】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

  1. 本太中学校

PAGE TOP