スタッフブログ

太陽光発電に挑戦。

皆様こんちくw  賃貸チームの西澤です。

梅雨に入りましたががあまり降りません。
水不足が心配ですね
皆様いかがお過ごしでしょうか

早速ですが、私西澤、太陽光発電買いました うっひゃー

太陽のチカラをフルに活かす、250Wモジュール

東芝の最新型250W 18枚 4.5Kwシステムです。

マイホーム、車に続いて人生で3番目の高い買い物となりました

太陽光発電について、簡単にご説明させていただきます。
ご存知の方には流してくださいませ

屋根の上に太陽光パネル(太陽電池モジュール)を並べて、太陽の力で発電します
発電した電気は直流なので、パワーコンディショナーと言われる装置で家庭で使える
ように交流に変えます。

太陽の力を借りて発電するため、夜は発電しません、また、曇や雨の日
の発電量は少なくなります。

要するに昼間の電気代はタダとなりますぅー
夜は今まで通り電力会社から電気を買いますぅー

屋根に乗せるパネルの枚数や性能にもよりますが、通常昼間発電した電力の
全てを家庭で消費する事は無く、余った電力を電力会社に買ってもらいます(売電)

売電価格は現在1Kw当たり38円(少し前までは48円の時もありました
買う電力は1Kwあたり28円位です。

売電価格は10年間は固定で下がることはございません。

よって、いかに早く投資した太陽光発電システム代を回収できるかがカギになります。
回収した後は全て儲けとなります

ちなみに我が家用の方程式によると、

太陽光システム代 173万円(国や県、市から補助金が34万円出るので実質139万円)
パネル20年補償&パワコン15年補償と3年目と7年目にフルメンテナンスのオプション付き

メーカーによる発電シュミレーション年間発電量5450Kw
(これ以下になることはほとんどないとの事です。)
年間発電量の約25%が自家消費分、残り75%が売電となるのが一般的、
(我が家は自販機があるので、もう少し使うかも

計算式、5450Kw×0.75×38円+5450Kw×0,25×28円=193,475円(年間利益)
1,390,000円÷193,475円=7.18年で回収(予定)
残り2.88年×193,475円=557,208円が儲けとなります

売電価格は10年間固定でその後の買取金額は決まっておりません。
買う価格の28円になる説や10円位節ありますが・・・
もし仮に0円になったとしても、自家消費分の38,150円は年間浮く形
残り10年で381,500円の儲けとなります。(まぁー15年後にはパワコンが交換になりそうですが、多分その時は7~8万くらいかな?)

また、蓄電池の開発がすすめば、売電する必要がなくなり、発電した電力をすべて家庭で使える様になります。(電気代タダ) ※今は50万~100万円するので、10年後開発がすすみコストが下がれば、購入も検討、更に電気自動車がもっと普及したら、電気自動車用コンセントの設置(ガソリン代もタダ

メーカーシュミレーションより2割近く多く発電している家(友達の家)も有るそうで、
今後楽しみです。

太陽光発電については、賛否両論です。

メリット ・上記の様にいけば儲かる!
・環境にやさしいCO2の削減 (原発がなくなり今は火力発電が主流)

デメリット ・屋根にネジで固定するので、雨漏りの心配や躯体に対する負担増

太陽光の導入に迷われている方もいらっしゃると思います。
まずは、西澤が挑戦しますので、吉と出るか凶とでるか、今後のブログでご報告させていただきますので、乞うご期待下さいませ。

それではまた

関連記事

  1. 厳しい決算
  2. 常夏の楽園ハワイ 動物との触れ合い
  3. 子供達の笑顔を丸一日見れる、とある場所で遊んで来ました!
  4. 欠航でくまった(困った)
  5. 当社はとても恵まれた会社です
  6. 無の境地
  7. 納得のオーケーストア。
  8. 来年は新しい景色をw

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

  1. コムナーレ

  2. 本太保育園

PAGE TOP