不動産お役立ちコラム

上手く行くと素晴らしい店舗(賃貸)併用住宅

こんばんは。細淵です。

店舗併用住宅とは文字通り店舗と住居を兼ねた
建物です。

例えば3階建てで、1階店舗、2・3階住居のような
建物。

重要なのは住居部分の面積が延床面積の半分
以上であること。そうでないと住宅ローンが利用
できずに事業性の、高い金利でのローンになります。 

ローンの審査も住宅ローンの方が提出書類も少なく
優しいので、ぜひ住宅ローンを使いたいものです。

この店舗で、ご自分で商売をされても良いですが
サラリーマンとしてお勤めの方でも、店舗部分を
貸して家賃が取れれば、住宅ローンの大半を賄う
ことができる場合もあります。

とはいえ心配が無いわけではありません。

空室になって家賃が入って来なかったり、滞納の
リスクもありますし、そもそも同じ屋根の下で他人が
商売をする訳ですから、専用住宅にはない我慢を
することもあるかもしれません。

それにしても、上手く行くと素晴らしくお得ですよ!

上手く行きそうかどうかは、やはりプロの目を通す
事をおすすめします。

気になる物件がありましたら、ぜひ当店にご相談ください。 

 

関連記事

  1. キッチンから収納が消えていく
  2. 中古物件設備の保証期間は7日
  3. 農地と宅地
  4. 不動産 委任状で代理契約する場合のやり方
  5. 大赤字・・・機械式駐車場の巻
  6. 家庭菜園
  7. 不動産物件の写真
  8. ソニー不動産

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

PAGE TOP