不動産お役立ちコラム

嫌悪施設

こんにちは。細淵です。

嫌悪施設とは、その存在が周囲の人から嫌われる施設をいいます。

具体的には、
1.風俗店など住宅地としての品格を下げるような施設
2.騒音、大気汚染、土壌汚染、悪臭、地盤沈下などを引き起こす公害発生施設
3.不快感・嫌悪感を与える施設(原子力関連施設、廃棄物処理場、下水処理場、
 火葬場、軍事基地、刑務所、ガスタンク、火薬類貯蔵施設など)

をいいます。どの施設が対象となるかは主観的判断やイメージ、時代性もあって、
一様ではありません。

嫌悪施設の存在は住宅地の地価に影響を及ぼすマイナス要因となる場合もあるため、
不動産会社は重要事項の説明として注意を払わなければなりません。

(ホームズ不動産用語集より引用)


私の主観的判断で言うと

・コンビニ
・深夜営業の飲食店
・新聞店
・救急病院

なども、あまり近くにあって欲しくないです。

コンビニが近くて最高!
と思う方は良いのですが、深夜・早朝のクルマのドアの開閉音やアイドリング
話し声などを受け入れて暮らすのは私は無理です。コンビニは遠くて結構。 

それから施設とは言えませんが

・畑(土埃が舞う)
・林(落ち葉の害がすごい)

などを嫌悪するお客様もいます。

明らかな嫌悪施設は不動産屋さんが説明すると思いますが
主観性に左右されると考えられるものは、自分で周辺を歩いて
想像力を働かせてチェックするしかありません。 

物件そのものだけでなく、周辺環境を含めて住む場所を選んでくださいね。

 

関連記事

  1. 悪い物件とは?良い物件とは?
  2. 担保提供にご用心
  3. 引っ越しは大変です
  4. 不動産お役立ち(営業マンの方へ)
  5. 契約書類は契約日より前にもらいましょう。
  6. ピタットハウス ショップデザインアワード総合優勝店舗ってどんなお…
  7. 資格を持っていないとできないDIYもあります。
  8. このブログすごい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

  1. 浦和競馬場

PAGE TOP