不動産お役立ちコラム

縄伸び・縄縮み

今回は不動産屋さんでもあまり知らない豆知識です。

昔、土地の測量は縄を使ってやっていました。
(今は機械で測ります。)

昔の測量で300㎡の登記の土地が今測ると
310㎡だった場合、縄が実際よりのびていた
のだろうということで「縄伸び」

逆に実測が290㎡だった場合は、縄が縮んでいたの
だろうということで、「縄縮み」と呼びます。

実際どちらのケースもあるのですが、圧倒的に
「縄伸び」が多いのです。
(実測面積より登記面積が小さい)

なぜか分かりますか?

勘の良い方はお分かりでしょう。

固定資産税は面積が小さいほど安いからなのです。
実際より大きく登記して見栄を張る人もゼロ
ではないでしょうが、経済的痛みが・・・

縄の伸び縮みがゼロとは言いませんが、ゴムじゃ
あるまいし、そんなに伸び縮みするはずありません。

そうです、伸びていたのは測る人の腕なんですね~
腕を伸ばせば、その分縄の長さは短くなり、結果、
面積も実際より小さくなります。

測量士が不正をしないとすると、縄の片方を持っている
土地の所有者が、ついついやってしまったのか?

聞いた話ですが、実際の国土面積よりも登記面積は
22%も少ないのだとか・・・

そして財務省がそれに目をつけ、正しい面積に課税
する仕組みを推進して行くって話です。

勉強になりました?

関連記事

  1. ブロックは語る
  2. 境界杭・境界標は大事です。
  3. 飛び込みのリフォーム営業にご注意
  4. 気になるご近所さん
  5. 大雨に負けない家
  6. 「花火大会が見えます!」は有効か?
  7. 任意売却とは
  8. 「告知事項あり」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

  1. 東仲町保育園

  2. 常盤公園

PAGE TOP