不動産お役立ちコラム

閑静な住宅街←要注意

不動産の広告で見かけるセールスポイントに
「閑静な住宅街」という文言があります。

皆様どんな住宅街を想像されますか?

私は区画整然とした街で、わりと上品な方々が
質の良い住宅に住んでいる様子を想像します。

ところが
実際見に行ってみると「閑静」というよりは
「さびしい」とか「田舎」だったりします。

一軒ポツンと家があって
「おいおい住宅街じゃないだろ」なんて
突っ込みたくなるような物件も・・・

人がいないから静かかもしれないけれど、季節によって
セミやカエルが大合唱なんて場合もね。

そもそも、「静かさ」をアピールするという
事は、利便性に関するセールスポイントがない事
でもあります。

「駅徒歩5分!」とか

「●○スーパー100m」とか

利便性の良さをアピールしたいけど、何も無い
場合、「閑静な住宅街」が登場してしまいます。

今はグーグルのストリートビューである程度
街の様子がわかるので、見に行ってガッカリ
ということは避けられますので、
「閑静な住宅街」を見かけましたら、一応
チェックしてから、見に行く事をおススメします。

関連記事

  1. DIY賃貸
  2. 進化する住宅・退化する大工
  3. セルフ相続登記流行中
  4. 現場営業マンの暑さ対策
  5. 縄伸び・縄縮み
  6. 首都圏不動産在庫ピークアウトか?
  7. 不動産のことでしか役に立てませんが・・・
  8. お手軽 寒さ対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

PAGE TOP