不動産お役立ちコラム

用途地域にご注意を!

不動産には用途地域という地域指定があります。

・第一種低層住居専用地域
・第二種低層住居専用地域
・第一種中高層住居専用地域
・第二種中高層住居専用地域
・第一種住居地域
・第二種住居地域
・準住居地域
・近隣商業地域
・商業地域
・準工業地域
・工業地域
・工業専用地域
・指定なし

指定なし含めて全部で13種類。

大雑把な言い方をしますと、「住居」という
漢字が入っていれば住宅に適した地域であり
日当たりや、住環境が守られます。

「住居」が入っていない地域でも、大変良好
な住環境が実現している地域もありますので
あくまで一般論ですが、特にご注意いただく
地域をお教えします。

・商業地域
駅前等に多い、とっても便利な地域です。
商業優先ですので、どんどん高いビルを作るように
誘導されています。南にビルができて、終日真っ暗
になっても文句が言えない地域です。また、住宅街には
作れないお店が作れますので、将来住環境の悪化を
覚悟しておいてください。

・工業地域
工場や倉庫が多い地域です。
工業優先ですので、24時間操業の工場などもあります。
深夜に工場がうるさくても、文句は言えません。
音以外にも振動、におい、粉塵などが発生する工場も
ありますので、ご注意ください。

この商業地域や工業地域でも、問題なくお住まいになれ
る場所はたくさんありますので、早とちりはしないで
くださいね。

お住まいを決める際には、用途地域が何かだけでなく
実際に周辺を良くお散歩しましょう!

関連記事

  1. 雨戸が無い家はいかがですか?
  2. ロフトってどうなのよ
  3. キッチンから収納が消えていく
  4. 気になるご近所さん
  5. 住まい探しは主観だ!
  6. 自殺があった物件と病死のあった物件
  7. 現場営業マンの暑さ対策
  8. 庭木の手入れ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

  1. コムナーレ

PAGE TOP