不動産お役立ちコラム

住宅の常識 お国が違えば変わります(1)

行き止まりの私道に面した家。

日本では私道入口付近が最も高く、奥に行く程
安くなるのが一般的です。
もちろん最安値は私道の突き当たり。

車が入りにくかったり、商売に向かなかったり
奥の方が安いのには合理性があります。

しかしアメリカでは一番奥が一番高い!

それはアメリカが犯罪大国だから。

犯罪者の立場で考えると私道の一番奥で犯罪を
行なうには、入って行く時と、出て行く時に
多数目撃されるリスクがあります。

また、普段決まった人しか通行しませんから
とっても目立つはずです。

セキュリティを気にするなら、不特定多数の
通行人が利用しない、行き止まりの道がイイ!
しかも奥の方の家が!

もし貴方が予算の都合で、奥の方の家を買う場合、
ぜひこの話を思い出していただき、入口の方の
家を買った方に、変なコンプレックスを持たない
でくださいね。

「ウチはセキュリティ優先だから」

胸を張って言いましょう!

関連記事

  1. 路地状敷地
  2. 熱帯夜対策に電化上手
  3. ミラーレースカーテン
  4. 任意売却とは
  5. ウソでしょ?事業計画のお知らせ。
  6. ブロックは語る
  7. 実印も認印も効力は同じです。
  8. ピタットハウス ショップデザインアワード総合優勝店舗ってどんなお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

PAGE TOP