不動産お役立ちコラム

悪い物件とは?良い物件とは?

先日、友人の不動産屋さんAと話しをした時の事。

私:「売れ筋の、良い物件が取り扱えるとイイね」

A:「うん、でも悪い物件って無いでしょう」

私:「???」

A:「物件と価格のバランスが悪い物件はあっても」

私:「なるほど、そうだね」

A:「うんと安くすれば、どんな物件だって良い物件」

私:「安くすれば必ず売れるものね」

A:「良いか悪いかは物件と価格のバランス」

私:「売れない時はすぐ値下げしてくれると楽だなぁ」

A:「でもそうしたら営業マンいらないね」

私:「うん、俺たち失業だね」

ということで、私たち営業マンは適正な価格で取引が
成立するようにがんばっています。

それは決して高く売りつけようということではなく、
売主も買主も納得のいくレベルで成約するように、と
いうことです。
そうでなければ契約にならないし・・・

価格交渉の結果、思わぬ値引きが引き出せて、普通の
物件が、素晴らしい物件に変身することもあります。
ちょっと売れ残りの物件とか、売主の決算期とか理由
は様々ですが・・・

一切値引きをしない物件があることも事実ですが、
気になるけどちょっと高い物件などは、相談してみて
くださいね。

価格の交渉は無料ですから。

ただし、条件がありまして、その価格になったら購入
しますという書類を書いていただく必要があります。
(不動産屋さんでは買付証明または購入申込書という)

お客様の要請で大の大人が右往左往しますので、
交渉を成立させた→でも買わない。とはいかないのです。

今日の格言

「物件に良し悪し無し、価格に良し悪しあり」
兼好法師(ウソ)

関連記事

  1. おとり広告
  2. これは凄いアパートだ!
  3. 不動産お役立ち(営業マンの方へ)
  4. 火災保険 初歩の初歩のお話し
  5. 地役権 
  6. ブロックは語る
  7. こんなハズでは・・・2世帯住宅
  8. 熱いさいたま市の保留地公売

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

PAGE TOP