不動産お役立ちコラム

住宅ローンという名の借金

売買部の細淵です。
あれっ私しか投稿してない?
そのうち他のスタッフからもあるでしょう。
気長に待ちます

住宅ローンというと抵抗が減る感じが
しますが、まぎれもなく借金です。

借金。いや~な響きですね。

・私、住宅ローンがあるんですよ
・私、借金があるんですよ

だいぶ響きが違います。が、同じ。

好んで借金したい人なんていません。
では、なぜ住宅ローンを利用する人が
多いのか。

一つは、家賃との比較であると言えます。
支払い先が大家さんか銀行かの違いで、
どうせ支払うなら、いつかは終わるローン
の方が「払いがい」があるのではないかと。

私は売買営業からスタートしましたので
昔、先輩の営業マンから教わりました。
「家賃は一生、ローンは終わる」
とお客様に言うように…

また、この所の低金利で、賃貸の家賃よりも
ローンの支払いが安い現象も起きています。
つまり家計を防衛するために住宅ローン
という借金をする方も、いる訳です。

考え方によっては家を借りる=借金とも
言えますしね。

それから、家賃を払いながら貯蓄をして
現金が数千万円貯まったら買う。ということ
は現実に至難の技です。誘惑が多いし。

ですからいわゆる理知的階級の方々も、特に
抵抗なく住宅ローンを利用するわけです。

ただ声を大にして、せっかく読んでいただい
た方々にお伝えしたい!

「借金は少なく、返済は短く」が基本です!

20年で返済できるのに、35年ローンを
組む必要はありませんし、頭金500万円
用意できるのに、あえて出さないで全て借り
る必要はありません。

銀行は喜びますが…

銀行の喜びは、お客様の喜びと反比例です。

金利が1%台であっても、最初の頃の金利
と元本の内訳を見ると唖然とします。
※元利均等返済の場合。
金利が30%以上を占めているいるのです
からサラ金並み、いやサラ金以上です。

住宅ローンとはいえ、少なく短く借りましょう!
無理はいけませんけどね。

そして最後に、今は異常な低金利であること。
よって今の返済は元本の減りが大変早いこと。
購入適齢期の方にはチャンスであることを
申し添えたいと思います。

私も早く返済を終えたいなぁ~。

関連記事

  1. 閑静な住宅街←要注意
  2. 鳥害(ちょうがい)はちょうが(な)い?
  3. 新築マンション販売のからくり
  4. あと少し! 価格・家賃が折り合わない。
  5. 安いものにはわけがある
  6. 気になるご近所さん
  7. 親が元気なうちに公証役場へ行こう
  8. ペットについて考える(犬編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

浦和駅情報

  1. 駒場運動公園

PAGE TOP